下記資料はPDFファイルとなっています。


■平成28年度事業概要


T公社の概要・沿革及び組織

U平成27年度の事業実施概要

V平成28年度の事業計画と予算

W供用中の道路等の概要

 参 考


■平成28年度資金計画

平成27年度財務諸表




1.目 的

兵庫県道路公社は、兵庫県の区域及びその周辺の地域において、その通行又は利用について料金を徴収することができる道路の新設、改築、維持、修繕その他の管理を総合的かつ効率的に行うこと等により、この地域の地方的な幹線道路の整備を促進して交通の円滑化を図り、もって住民の福祉の増進と産業経済の発展に寄与することを目的に設立されました。

2.事 業
道路公社は、地方道路公社法及び当公社の定款に基づき次の業務を行います。

@ 料金を徴収することができる道路の新設、改築、維持、修繕、災害復旧その他の管理を行うこと。

A 国、地方公共団体、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社若しくは他の道路公社(以下「国等」という。)の委託に基づき、@の道路の管理と密接な関連のある道路の管理を行い、又は委託に基づき、土地区画整理事業のうち地方道路公社法施行令第3条で定めるものを行うこと。

B 料金を徴収することができる自動車駐車場の建設及び管理を行うこと。

C 道路の円滑な交通を確保するために必要な休憩所その他施行令第4条で定める施設の建設及び管理を行うこと。

D @からCに掲げる業務に附帯する業務を行うこと。

E @からDの業務の遂行に支障のない範囲内で、国等の委託に基づき、道路に関する調査、測量、設計、試験及び研究を行うこと。

F 道路公社は@からEの業務のほか、兵庫県知事の認可を受けて次の業務を行う。
ア 道路の新設又は改築と一体として建設することが適当であると認められる事務所、店舗、倉庫その他施行令第5条で定める施設(以下「事務所等」という。)を建設し及び管理すること。

イ 委託に基づき、道路の新設又は改築と一体として建設することが適当であると認められる事務所等を建設し及び管理すること。

ウ ア及びイに掲げる業務に附帯する業務を行うこと。

3.設 立 年 月 日
昭和46年3月16日(全国の43地方道路公社の中で4番目に設立しました。)

4.基 本 財 産
平成26
年3月31日現在において、555億6,100万円(兵庫県が全額出資となっています。)



兵 庫 県 道 路 公 社 定 款
(決定 昭和46年3月16日)

目 次

■第1章/総則(第1条-第5条)
■第2章/役員及び職員(第6条−第12条)
■第3章/業務及びその執行(第13条・第14条)
■第4章/道路の整備に関する基本計画(第15条)
■第5章/基本財産の額その他資産及び会計(第16条−第22条)
■第6章/雑則(第23条)
■附 則

第1章 総則

(目 的)
第1条
この道路公社は、兵庫県の区域及びその周辺の地域において、その通行又は利用について料金を徴収することができる道路の新設、改築、維持、修繕その他の管理を総合的かつ効率的に行なうこと等により、この地域の地方的な幹線道路の整備を促進して交通の円滑化を図り、もって住民の福祉の増進と産業経済の発展に寄与することを目的とする。

(名 称)
第2条
この道路公社は、兵庫県道路公社(以下「道路公社」という。)と称する。

(設立団体)
第3条
道路公社の設立団体は、兵庫県とする。

(事務所の所在地)
第4条
道路公社は、主たる事務所を兵庫県神戸市に置く。

(公告の方法)
第5条
道路公社の公告は、兵庫県公報に掲載して行なう。         

▲定款の最初へ戻る

第2章 役員及び職員

(役 員)
第6条
道路公社は、役員として、理事長1名、理事3名以内及び監事2名以内を置く。また、必要と認めるときは、副理事長1名を置くことができる。

(役員の職務及び権限)
第7条 
1.理事長は、道路公社を代表し、その業務を総理する。
2.副理事長は、道路公社を代表し、理事長が定めるところにより、理事長を補佐してこの道路公社の業務を掌理し、理事長に事故があるときはその職務を代理し、理事長が欠員のときはその職務を行なう。
3.理事は、理事長が定めるところにより、理事長及び副理事長を補佐して道路公社の業務を掌理し、理事長及び副理事長に事故があるときはその職務を代理し、理事長及び副理事長が欠員のときはその職務を行なう。
4.監事は、道路公社の業務を監査する。
5.監事は、監査の結果に基づき、必要があると認めるときは、理事長、国土交通大臣又は兵庫県知事に意見を提出することができる。この場合において、国土交通大臣に意見を提出したときは、遅滞なく、その内容を兵庫県知事に、報告しなければならない。

(役員の任命)
第8条
1.理事長及び監事は、兵庫県知事が任命する。
2.副理事長及び理事は、理事長が兵庫県知事の認可を受けて任命する。

(役員の任期)
第9条
1.役員の任期は、2年とする。ただし、補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。
2.役員は、再任されることができる。

(役員の兼任の禁止)
第10条
理事長、副理事長又は理事は監事を、監事は理事長、副理事長又は理事を兼ねることができない。

(職員の任命)
第11条
道路公社の職員は、理事長が任命する。

(役員及び職員の兼職の禁止)
第12条
役員及び職員は、任命権者の許可を受けなければ営利を目的とする団体の役員となり、又はみずから営利事業に従事してはならない。

▲定款の最初へ戻る

第3章 業務及びその執行

(業務の範囲)
第13条
1.道路公社は、第1条の目的を達成するため、次の各号に掲げる業務を行なう。

(1)兵庫県の区域及びその周辺の地域において、その通行又は利用について料金を徴収することができる道路(道路法(昭和27年法律第 180号)第3条に規定する道路のうち高速自動車国道を除く。以下第15条において同じ。)の新設、改築、維持、修繕、道路法第13条第1項に規定する 災害復旧その他の管理を行なうこと。
(2)国、地方公共団体、西日本高速道路株式会社、阪神高速道路株式会社若しくは他の道路公社(以下「国等」と いう。)の委託に基づき前号の道路の管理と密接な関連のある道路(道路法第3条に規定する道路をいう。以下第6号において同じ。)の管理を行ない、又は委託に基づき土地区画整理法(昭和29年法律第 119号)に基づく土地区画整理事業のうち地方道路公社法施行令(昭和45年政令第202号。以下「施行令」という。)第3条で定めるものを行なうこと。
(3)第1号に規定する地域において、その利用について料金を徴収することができる自動車駐車場の建設及び管理を行なうこと。
(4)第1号の道路の円滑な交通を確保するために必要な休憩所その他施行令第4条で定める施設の建設及び管理を行なうこと。
(5)前各号に掲げる業務に附帯する業務を行なうこと。
(6)前各号の業務の遂行に支障のない範囲内で、国等の委託に基づき、道路に関する調査、測量、設計、試験及び研究を行なうこと。
2.道路公社は、前項の業務のほか、兵庫県知事の認可を受けて、次の業務を行う。
(1)前項第1号の道路の新設又は改築と一体として建設することが適当であると認められる事務所、店舗、倉庫その他施行令第5条で定める施設(以下「事務所等」という。)を建設し、及び管理すること。
(2)委託に基づき、前項第1号の道路の新設又は改築と一体として建設することが適当であると認められる事務所等を建設し及び管理すること。
(3)前2号に掲げる業務に附帯する業務を行うこと。

(業務方法書)
第14条
道路公社の業務の運営に関し必要な事項は、この定款に定めるもののほか、業務方法書の定めるところによる。

▲定款の最初へ戻る

第4章 道路の整備に関する基本計画

(道路の整備に関する基本計画)
第15条
道路公社は、次の路線に係る道路を新設し、又は改築して料金を徴収する。

路線名       管 理 の 区 間
一般国道312号 兵庫県朝来市和田山町附近から兵庫県姫路市的形町附近まで
一般国道483号 兵庫県丹波市青垣町附近から兵庫県朝来市山東町附近まで
県道大沢西宮線 兵庫県西宮市山口町附近から兵庫県西宮市越水附近まで

▲定款の最初へ戻る

第5章 基本財産の額その他資産及び会計

(基本財産の額)
第16条
道路公社の基本財産の額は、555億6,100万円とし、兵庫県が出資する。

(事業年度)
第17条
道路公社の事業年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終る。

(予算等の作成)
第18条
道路公社は、毎事業年度、予算、事業計画及び資金計画を作成し、当該事業年度の開始前に、兵庫県知事の承認を受けなければならない。これを変更しようとするときも、同様とする。

(決  算)
第19条
道路公社は、毎事業年度の決算を翌年度の5月31日までに完結しなければならない。

(財務諸表及び決算報告書)
第20条
道路公社は、毎事業年度、前事業年度の決算完結後2箇月以内に財務諸表を作成し、監事の監査を経て兵庫県知事に提出しなければならない。
2.道路公社は、前項の規定により財務諸表を提出するときは、これに、地方道路公社法施行規則(昭和45年建設省令 第21号)第16条及び第17条で定める事項を記載した当該事業年度の決算報告書を添付し、並びに財務諸表及び決算報告書に関する監事の意見をつけなければならない。

(利益及び損失の処理)
第21条
道路公社は、毎事業年度の損益計算上利益を生じたときは、前事業年度から繰り越した損失をうめ、なお残余があるときは、その残余の額は、準備金として整理しなければならない。
2.道路公社は、毎事業年度の損益計算上損失を生じたときは、前項の規定による準備金を減額して整理し、なお不足があるときは、その不足額は、繰越欠損金として整理しなければならない。

(余裕金の運用)
第22条
道路公社は、次の方法によるほか、業務上の余裕金を運用してはならない。
(1)国債、地方債その他国土交通大臣の指定する有価証券の取得
(2)銀行その他国土交通大臣の指定する金融機関への預金
(3)その他国土交通省令で定める方法


▲定款の最初へ戻る

第6章 雑則
(運営に関する細則)
第23条
道路公社の運営に関して必要な事項は、この定款及び業務方法書に定めるもののほか、理事長の定めるところによる。

▲定款の最初へ戻る

附  則
(施行期日)
1.定款は、この道路公社の設立の日から施行する。
(最初の役員の任期)
2.道路公社の最初の役員の任期は、第9条第1項の規定にかかわらず、それぞれ任命権者が定める。

(最初の事業年度)
3.道路公社の最初の事業年度は、第17条の規定にかかわらず、この道路公社の設立の日から昭和46年3月31日までとする。

(最初の事業年度の予算等)
4.道路公社の最初の事業年度の予算、事業計画及び資金計画については、道路公社の設立後遅滞なく、兵庫県知事の承認を受けなければならない。

▲定款の最初へ戻る